広告代理店の職種について。

Posted on 4月 25th, 2013 by admin

広告代理店には、主に3つの職種があります。

●営業

広告を出したいと考えているクライアント(広告主)の希望を聞き出すこと、さらに全体の進行やプロデュースが仕事内容です。

そのため、広告に関する幅広い知識と、クライアントの希望を詳しく聞き出せるためのコミュニケーション能力、さらに思い浮かんだアイディアを具現化するための発想力なども必要です。

●マーケティング(企画)

市場のリサーチにはじまり、どのメディアや媒体を利用して広告を打ち出すかなどの提案などを行います。

広告の売り上げが直結しやすい部門となりますので、マーケティング能力に長けている人が向いています。

●クリエイティブ(デザイナー、コピーライターなど)

クライアントの要望を形にする仕事です。

営業との綿密な打ち合わせのもと、デザインを行っていきます。

基本的にデザインの仕事をする人たちは大学や専門学校でデザインに関する専門的な知識を学んでいる人が多いです。

また、広告代理店側もデザインの求人を出す際は、「経験者のみ」や「大学や専門学校でスキルを身につけていることが条件」などと掲げていることがほとんどです。

何の知識もなくデザインの仕事を任されることはほとんどといっても良いほどないかと思われます。

このように、広告代理店はそれぞれの部門に分かれて専門的に仕事を行っていきます。

Categories: サービス

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>